logo

niconicoの新バージョン「く」は2月28日に延期--新インターフェース「nicocas」登場

佐藤和也 (編集部)2017年11月28日 21時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは11月28日、かねてから開発を進めている動画サービス「niconico」の新バージョンとなる「niconico(く)」(読み:クレッシェンド)について、2018年2月28日から提供を開始すると発表。4月の発表時には10月の提供開始を予告していたが、延期する形となった。

 歴代16番目のバージョンとなるniconico(く)では、自社開発したストリームサーバで、双方向サービスを担う「Akashic」(アカシック)と、引用や合成を担う「DMC」の2つを活用。そしてニコニコ動画、ニコニコ生放送に続く、3つ目のインターフェースとなる「nicocas」(ニコキャス)を提供する。

 nicocasでは、動画、生放送、双方向、映像合成が一体となったインターフェースで、ユーザー生放送をベースに、双方向性と協同性を高める新機能を搭載しているという。またスマートフォンではログイン不要で視聴が可能となり、手軽に生放送を楽しむことができるという。

11月28日に行われた発表会でサービススケジュールを公表。サービスや発表会の詳細は別途お伝えする
11月28日に行われた発表会でサービススケジュールを公表。サービスや発表会の詳細は別途お伝えする

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]