logo

AI内蔵チップセット搭載スマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」--日本でシェア向上の背景は

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2017年11月29日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーウェイ・ジャパンは11月28日、同社スマートフォンの最上位グレードに位置する「Mateシリーズ」の最新機種「HUAWEI Mate 10 Pro」、「Mateシリーズ」の最新モデル「HUAWEI Mate 10 lite」、MediaPad Mシリーズの最新モデル「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」を12月1日より順次発売すると発表した。

AI内蔵チップセット搭載「HUAWEI Mate 10 Pro」

 HUAWEI Mate 10 Proは、AI内蔵チップセット「Kirin 970」を内蔵したスマートフォンだ。オクタ(8)コアのCPUを中心に、ドデカ(12)コアのGPUと最大25倍のパフォーマンス向上を実現するNPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)を内蔵するSoCを組み込んでいるのが特徴だ。市場想定売価は税別8万9800円。発売は12月1日。

HUAWEI Mate 10 Proの主な特長
HUAWEI Mate 10 Proの主な特長

 6インチのFHD+(2160×1080ドット)OLED HDRディスプレイは、コントラスト70000:1と112%の色域を実現。本体サイズがコンパクトになったことに加え、ディスプレイ輝度が前モデルから約30%向上。持ちやすさだけでなく、閲読体験も大幅に向上したとしている。

iPhone Xと比較し、16%大きな画面とアピールした(ただし本体のサイズ感も異なる)
iPhone Xと比較し、16%大きな画面とアピールした(ただし本体のサイズ感も異なる)

 カメラのレンズ性能も向上し、2000万画素のモノクロセンサのレンズと、1200万画素のカラーセンサのレンズは、同社最高となるF値1.6の明るさにバージョンアップし、夜間撮影が更に明るく、細かい部分まで表現できるようになったという。

タレントのマギーさんと青木裕子さんがゲストとして登壇。インスタグラマーとしても知られるマギーさんが自撮りを披露し、窓の光があってもきれいに撮影でき、ボケもきれいと絶賛した
タレントのマギーさんと青木裕子さんがゲストとして登壇。インスタグラマーとしても知られるマギーさんが自撮りを披露し、窓の光があってもきれいに撮影でき、ボケもきれいと絶賛した

 また、AIチップセットの搭載により、被写体に対してリアルタイムで分析できるようになった。1億枚におよぶさまざまな画像を予めインプットしたことで十種類以上の場面や物体を識別し、被写体の特徴や属性に基づいて、自動でパラメータの設定を最適化。被写体によって最適な撮影方法を自動で選択することにより、より際立った効果を引き出せるとしている。

13の被写体とシーンを検知する
13の被写体とシーンを検知する

 さらに、被写体の動きを予測することで、光の少ない場所でも被写体がブレることなく捉えることが可能。独自のAIアルゴリズムにより、シングルレンズでも正確なボケを演出できるという。

 バッテリのもちに関しても、最新のチップセットを組み込むことで最大50%の効率化による省エネを実現。同社によると、4000mAhの大容量バッテリは、ヘビーユーザーで1日以上、平均的なユーザーで約2日間の連続使用が可能だという。

安全急速充電システムの主な試験
安全急速充電システムの主な試験

 さらに、ドイツの第三者検証・認証機構テュフ・ラインランドによって定められた55度からマイナス33度の環境下でのテストをはじめとする、5種の信頼性試験に世界で初めて合格したスマートフォン向け超急速充電に対応した急速充電を実現している。

 その他、Android 8.0 Oreo/EMUI 8.0を採用。ボディはIP67の耐水・防塵仕様となっているほか、デュアル4G/デュアルVoLTE待受け対応する。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック
HUAWEI Mate 10 Proのスペック

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]