logo
Kickstarter

600mAモバイルバッテリが4個セットの「Finger Pow」--充電台も大容量バッテリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンのバッテリが切れても最低限の操作を実行可能にするため、小型モバイルバッテリ「SideKick」を以前紹介した。乾電池が併用できるとはいえ、SideKickのバッテリ容量は300mAhしかなく、物足りない場面も多いだろう。

 そこで今回は、SideKickと同程度の小ささなのに容量が600mAhあり、スマートフォンに直接接続できたり、複数を交換して次々使えたりして柔軟性の高い「Finger Pow」を取り上げる。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


小型モバイルバッテリが4個セット(出典:Kickstarter)

 Finger Powは、スマートフォンに設けられたUSBポートなどに直接取り付けられるモバイルバッテリのセット。充電用パックはケーブルを介さずスマートフォンに接続できるので、充電しながら通話するといった操作がしやすい。しかも、パックの大きさはUSBメモリスティックほどで、キーホルダーに着けて持ち歩いても負担にならないだろう。

Finger Pow(左)はケーブル不要(出典:Kickstarter)
Finger Pow(左)はケーブル不要(出典:Kickstarter)

 各パックのバッテリ容量は600mAhで、「iPhone 8」なら25%分の充電が可能。4個セットで提供されるため、1個で足りなければ次の充電パックで追加充電すればよい。


iPhone 8なら25%分の充電が可能(出典:Kickstarter)

 スマートフォンとの接続は、付属のマグネット式コネクタを使う。セットには、micro USB用、USB Type-C用、Lightning用のコネクタが同梱されるため、iPhoneのほか、各種Androidスマートフォンの充電に使える。

スマートフォンとの接続はマグネット式コネクタで(出典:Kickstarter)
スマートフォンとの接続はマグネット式コネクタで(出典:Kickstarter)

 Finger Powの付属充電ステーションは、充電パックを4つ同時に充電できる。ステーションを自宅などに置いてパックを充電しておき、外出時に必要な容量の数だけパックを持って行く、という柔軟な使い方が可能だ。


4個同時に充電しておける(出典:Kickstarter)

 さらに、充電ステーション自体が容量5000mAhのモバイルバッテリとして使える上位モデルも用意。荷物は多くなってしまうが、全体で7400mAh相当の容量を持ち歩けることになる。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月24日まで。記事執筆時点(日本時間11月29日10時)でキャンペーン期間は24日残っているが、すでに目標金額2万ドルを上回る約2万5000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]