logo

レゴランド・マレーシアにVRコースターが登場--サムスン「Gear VR」採用

Cho Mu-hyun (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年11月28日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子とLEGOLAND Malaysia Resortは、仮想現実(VR)を利用したジェットコースターのアトラクションを開設した。

 「Great LEGO Race」と呼ばれるこのアトラクションは、乗客がサムスンの「Gear VR」ヘッドセットを着用し、ジェットコースターに乗りながらLEGOブロックで作られた仮想世界を体験できるというものだ。


提供:CNET

 Gear VRは、ジェットコースターが上昇、下降、回転する動きに合わせて、「スリリングで楽しい」没入体験を提供するとサムスンは説明している。

 この新しいアトラクションは、6歳以上の子供を主なターゲットにしており、2018年には米フロリダ州とドイツのレゴランドにも設置されるという。

 VRでは広く普及するような商業的用途がまだ見つかっておらず、サムスンはライブスポーツや音楽など、さまざまな業界に目を向けている。

 9月には、韓国の医療機関Gangnam Severance Hospitalと共同で、精神疾患の診断ツールの開発に乗り出したことを明らかにした。

 また、同じ9月には、Mobile World Congress Americasカンファレンスで、パートナー企業とともにVRフィットネスソリューションを披露している。

 さらに、Microsoftの「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を、韓国で現地時間11月21日に発売した。

 韓国の新興企業Minkonetは、ゲームのVRライブストリーミング用のネイティブオブジェクト広告ソリューションを開発したが、VRでは収益化も課題の1つだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]