logo

FBI、露ハッカーの標的になった米政府関係者に警告せず--米報道

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月27日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦捜査局(FBI)は、ロシアのハッカーが多数の米政府関係者のメールアカウントに侵入を試みていることを察知していたが、標的となった関係者の多くに脅威の存在を警告しなかったと、Associated Press(AP)が米国時間11月26日に報じた

 APの調査によると、FBIは、ロシア政府と関係があるハッカー集団「Fancy Bear」の標的になっていることを示す証拠を1年以上前から握っていながら、多くの政府関係者にその情報を伝えなかったという。調査では、ロシア政府に協力するハッカー集団から標的にされた米国人80人近くに取材し、そのうちFBIからの通知が確認されたケースはわずか2件だった。

 FBIはAPの取材に対し、「当局は、個人および機関に潜在的脅威の情報を定期的に通知している」と回答した。

 ロシア政府のために働くハッカーが、米国のコンピュータネットワークに侵入したことや、ソーシャルメディアプラットフォームを利用して2016年の米大統領選挙に干渉したことに対して、米議会で懸念が高まる中で、今回の事実は発覚した。

 Fancy Bearの活動は、2016年の大統領選中に米民主党関係者のメールを掲載したウェブサイトの1つである「DCLeaks.com」とつながりがあった、とAPは報じている。

 取材を受けた政府関係者の一部は、FBIには警告する責任があると回答したが、FBIが知らせなかった理由を理解できるとの声もあった。

 2015年の活動で標的にされた退役将官のNorton Schwartz氏は、「楽観的な見方をすれば、おそらくリスクの分析は行われたが、私のリスクはさほど高くないとみなされたので、(FBIは)連絡してこなかったという結論になるだろう」と述べた。

 このハッキンググループは2016年11月に「Windows」の脆弱性を悪用し、個人情報を盗む目的で偽の電子メールを送信する攻撃キャンペーンを行ったとされている。この脆弱性に関しては、GoogleがMicrosoftによるパッチが提供されるよりも前に情報開示を行ったため、両社の間に摩擦が生じる結果となっていた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]