logo

米、「ネット中立性」規則の撤廃が濃厚に--12月採決へ

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月22日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)は、Barack Obama大統領の時代に制定されたネット中立性規則の完全撤廃を計画している。これが実現すれば、ブロードバンド業界とワイヤレス業界は、政府によるインターネットの監督に反対する戦いで大きな勝利を収めることになる。


提供:CNET

 FCCのAjit Pai委員長は米国時間11月21日、2015年に制定されたネット中立性規制の撤廃を提案した。ネット中立性とは、インターネット上の全てのトラフィックが平等に扱われるべきだという概念で、ブロードバンドプロバイダーやワイヤレスプロバイダーがオンラインコンテンツをブロックしたり、速度制限したりするのを防ぐのが狙いだ。

 米連邦政府は今回の提案の下で「インターネットを細かく管理」することをやめる、とPai委員長は述べている。その代わり、ブロードバンドプロバイダーには、消費者が自分に最適なサービスプランを購入し、企業が革新のために必要な技術的情報を得られるように、自社ネットワークの管理方法について「透明性」を確保することが求められる。

 FCCはこの提案について、12月14日に採決する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集