logo

セブン-イレブンが自転車シェアリングを開始--2018年度中に1000店舗で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン‐イレブン・ジャパンは11月21日、ソフトバンクグループの新規事業提案制度「ソフト バンクイノベンチャー」から設立したOpenStreetと、自転車シェアリング事業で協業すると発表した。

 全国主要エリアのセブン-イレブン店舗において、OpenStreetがソフトバンクと共同で運営する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用し、自転車を借用・返却できる駐輪場「ステーション」用の場所を提供する。


アプリの利用イメージ

 また、これに合わせて同システムを活用して自転車シェアリングサービスを運営するシナネンサイクルは、ステーションをセブン-イレブン店舗に順次設置する。2017年11月21日より埼玉県さいたま市で設置を開始し、2018年度中に1000店舗に拡大する予定。

 ユーザーは、スマートフォンやPCでステーションの検索や自転車の利用予約、決済までの一連の手続きを行うことができる。HELLO CYCLINGを活用した自転車にはGPS機能が搭載された鍵「スマートロック」が取り付けられており、ステーションであればどこでも自転車を返却できる。

 今後は、スマートロックで収集される自転車の位置情報を活用して、自転車の借用・返却時にセブン-イレブン店舗で利用できるクーポン配信などのマーケティング施策を検討するとしている。

-PR-企画特集