logo

「iMac Pro」、「A10 Fusion」プロセッサ搭載で「Hey Siri」に対応か

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月21日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月に発売予定の「iMac Pro」には、18コアのIntel「Xeon」プロセッサに加えて、「iPhone 7」と同じチップもこっそり搭載されるかもしれない。

 「A10 Fusion」プロセッサは2016年発売のiPhone 7と「iPhone 7 Plus」に搭載されている。 The Verge9to5Macの報道によると、同プロセッサはAppleが「史上最強の『Mac』」と呼ぶiMac Proに、常時オンの「Siri」音声検索機能(「Hey Siri」としても知られる)をもたらすという。「iOS」開発者のGuilherme Rambo氏が先週末、Siriが「iMac Pro」に搭載されることを「確認した」とTwitterに投稿した。

 念のために記しておくと、Rambo氏にはAppleの新機能発見に関して素晴らしい実績がある。同氏とその仲間の開発者Steven Troughton-Smith氏は、偶発的なファームウェアアップデートから「iPhone X」に関する貴重な情報を発掘した功績を認められている。

 Appleにコメントを要請したが、回答は得られなかった。

 A10 Fusionは常時オンのSiriを実現するだけでなく、他のプロセッサに高負荷の作業を任せる前にiMac Proをセキュアに起動する役割も果たすかもしれない、とエンジニアでMacファンのPepijn Bruienne氏はツイートした。つまり、A10 FusionはiMac Proの暗号化を高速化し、プラットフォーム全体のセキュリティを高める可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集