logo

Twitterの「#自殺募集」だけではない10代の投稿リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 座間市で9人の遺体が見つかった事件で、加害者がTwitterで「#自殺」「#自殺募集」などのハッシュタグで検索して自殺志願者を見つけ、実際に会って犯行におよんでいたことが社会問題となっている。

 事件後、Twitterルールは改定され、「暴力」「自殺や自傷行為」「児童ポルノおよび児童の性的搾取」など、禁止される行為が具体的に明示された。違反した場合、禁止コンテンツの削除、Twitterの一時的利用制限、アカウント所有権の認証要求、アカウントの永久凍結などのペナルティがあるという。

 Twitterでは他にどのようなことが起きているのか。また、他のSNSではどうなのか。そのような投稿を見かけたらどうすべきなのかまでを考えていきたい。

自殺サイト・出会い系サイト代わりのTwitter

 Twitterは匿名で複数アカウントが利用でき、検索もできるために今回の悪用につながった。自殺サイトや出会い系サイトなどは規制が強化されており、最近はTwitterがそのような用途の情報交換や出会いに使われている状態だ。

 警視庁の「平成28年におけるコミュニティサイト等に起因する事犯の現状と対策について」(PDF)によると、Twitterにおける被害児童数は前年度比で約2倍に増加しており、全被害児童のうち4人に1人がTwitterによる被害となっている。「ぎゃるる」や「LINE」、「友達作りTalk」など、Twitterを除く他のサイトにおける被害児童数は約1割減少しており、Twitterの問題は見逃せないだろう。

 Twitterにはさまざまなハッシュタグが横行している。自殺関連の投稿は、「#死にたい」「#自殺願望」「#自殺希望」などの直接的なハッシュタグだけではない。

 たとえば、「#リスカ」「#メンヘラ」「#メンヘラさんと繋がりたい」「#OD(オーバードーズの意味)」「#病み垢」「#病み垢さんと繋がりたい」「#病み垢さんおいで」「#アムカ(アームカットの意味)」「#自傷行為」「#拒食症」「#摂食障害」「#瀉血」などのハッシュタグとともに投稿されている。現状、このようなハッシュタグで検索すると、自殺願望をほのめかす投稿があふれている状態だ。

 その他にも、出会い系につながる投稿も多い。たとえばズバリ「#援交」「#援助交際」「#援交希望」「#援交募集」「#援募集」などのハッシュタグを付けたツイートが多数見つかる。「#援助」「#円光(援交の隠語)」「#デート援」「#パパ活」「#パパ」「#p活」「#円(援交の隠語)」「#円募(援交募集の隠語)」「#パパさん募集」「#パパ活女子」「#レンタル彼女」などのハッシュタグも同様に使われているようだ。

 このようなハッシュタグ付きの投稿は一切規制されず、自由に投稿できる状態だ。中には、「料金はホ別2万(ホテル代別2万円)」などと料金が明示されているものも多い。このような投稿を見てコンタクトをとるユーザーもいると考えられる。

-PR-企画特集