logo

「YouTube Kids」で“血だまりにミッキーマウス”など不適切動画--NYT報道

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月07日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特に子供向けに設計されたアプリ上で、不適切な動画をフィルタで排除しなかったとして、YouTubeが批判されているという。The New York Times(NYT)が米国時間11月4日に報じた

 今回問題になっているサービス「YouTube Kids」は、YouTubeのファミリーフレンドリーなバージョンとして、2015年に開始された。日本では2017年5月に提供が開始されている。


提供:CNET

 報道によると、YouTube Kidsには良くない一面もあるようだ。ある動画では、ミニーマウスが恐怖に満ちた表情で、血だまりの中にいるミッキーマウスを見つめており、別の動画では、クレイメーション版のスパイダーマンが「アナと雪の女王」の王女エルサに放尿していたという。これらの動画は、人気の高いDisneyやMarvelのキャラクターを模倣したものだ。

 Marvelを傘下に持つThe Walt Disney Companyの関係者にコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。

 YouTubeはそうしたコンテンツを「許容できない」と評したが、そうしたコンテンツがはびこっているわけではないと述べた。この30日間に同アプリで視聴された動画のうち、不適切な内容を理由に削除されたものは0.005%以下だという。YouTubeは今もその比率を減らすことに取り組んでいる。

 こうした動画は、何らかの手違いか、ソフトウェアを不正に操作するトロールによって、セーフティフィルタをすり抜け、YouTube Kidsで公開されたとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]