logo

クアルコム決算、アップルとの訴訟が響くも予想上回る

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2017年11月02日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 半導体大手のQualcommは米国時間11月1日、市場の予想を上回る内容の2017会計年度第4四半期決算(9月24日締め)を公開した。


提供:Corinne Reichert/ZDNet)

 売上高はGAAP基準で59億500万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は92セントだった。前年同期の決算では、GAAP基準の売上高は61億8400万ドル、調整後1株あたり利益は1.28ドルだった。

 アナリストの事前予想は、売上高58億ドル、1株あたり調整後利益は81セントというものだった。

 2017会計年度の通年では、GAAP基準の売上高は222億9100万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は4.28ドルだった。

 Qualcommのライセンス事業は、現在も続いているAppleをはじめとするライセンシーとの訴訟の影響を受けたが、中核事業は着実な伸びを示した。

 Appleとの係争は、Qualcommのライセンス事業を担い、同社の利益にかなりの貢献をしているQualcomm Technology Licensing(QTL)にとって、相当な圧力になっている。同社の売上高の大部分は、もう1つの事業部門であるQCT(Qualcomm CDMA Technologies)によるものだ。

 QCT部門は、第4四半期も確実に成長した。QTCの同四半期の売上高は、前年同期比13%増の46億5000万ドルに達している。税引き前利益についても、前年同期比42%増となる9億7300万ドルを計上した。


 一方、QTLの売上高は12億1300万ドルで、前年同期比で36%減少した。同部門の税引き前利益は、前年同期比48%減の8億2900万ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]