logo

Office 365 HomeとPremiumにOutlook.comのプレミアム機能--広告非表示、容量追加など

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月31日 10時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Outlook.com」を使用する「Office 365 Home」と「Office 365 Personal」のサブスクライバーに対して、一部プレミアム機能の無料ロールアウトを開始した

 これにより、Office 365 Home/Personalのユーザーは、広告の表示されない受信箱、より強力なマルウェアおよびフィッシングからの保護機能、より大容量のメールボックスといったOutlook.comのプレミアム機能やプレミアムカスタマーサポートを利用できるようになる。

 Outlook.comのユーザーがこれらの新しい特典を利用するには、Office 365 Home/Personalのサブスクライバーでもあることが条件となる。Microsoftによると、ロールアウトは既に開始されているが、対象ユーザー全員がこれらの新機能を利用できるようになるまでには、1カ月程度かかる可能性もあるという。

 Office 365 Home/PersonalのサブスクライバーでもあるOutlook.comユーザーには、Outlook.comでバナー広告やメッセージリスト内の広告(「ネイティブ広告」としても知られる)が表示されなくなる。

 また、Outlook.comの添付ファイルを自動でスキャンして、潜在的なマルウェア脅威の有無を確認する機能や、リンクをチェックして、偽のサイトがウイルスやマルウェアをダウンロードするのを防ぐ機能も提供される。ただし、Outlook.comからサードパーティーアカウント(@gmail.comや@yahoo.comなど)へのアクセスを追加する「Connected Accounts」機能を利用している場合、これらの追加アカウントで、こうした高度なセキュリティ機能を利用することはできない。

 メールボックスの容量の上限については、無料のOutlook.comアカウントでは15Gバイト、Office 365 Home/Personalユーザーは50Gバイトを利用できるようになっている。さらに、Microsoftのブログ記事によると、メールボックスのサイズが12Gバイト以上のOutlook.comユーザーを対象に、上限が50Gバイトに引き上げられるという。

 Office 365 Home/PersonalのサブスクライバーでもあるOutlook.comユーザーは、技術サポートも無料で利用できるようになる。

 これらの変更について、FAQが記載されたページも公開されている。

Office 365

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]