logo

テックファームとドコモ、遠隔診療サービス「MediTel」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テックファームホールディングスとNTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」は、オンライン診療を実現するため、NTTドコモが実証実験を基に開発した遠隔診療サービス「MediTel」を、テックファームが11月下旬より医療機関向けに提供を開始すると発表した。


 MediTelは、患者がスマートフォンアプリを用いて、オンライン診察予約、医師とのテレビ電話による診察、クレジットカードによる診察料の決済のほか、自己管理用に日々の健康データを蓄積できるサービス。

 医師はウェブブラウザを通じて、健康に向けたアドバイス、テレビ電話による診察などが行え、患者と医師にとってオンライン診療をより身近で簡単に実現できるようになる。

 2015年の厚生労働省の遠隔診療に関する事務連絡の発出後、2017年は遠隔診療への診療報酬評価の方針が示されていた。2018年4月より遠隔診療が診療報酬上評価されると期待されている。

 このような背景の中、NTTドコモは遠隔診療の効果を検証すべく、2017年1月より8カ月間、複数の病院でオンライン診療を実現する遠隔診療サービスMediTelの実証実験を実施。その結果、通院による移動や待ち時間等の負担を軽減できることや、患者と医師が共同で健康管理を行える点が、仕事で忙しい患者や小さな子供がいる患者、足腰が不自由で外出が困難な患者に好評を得ており、継続利用してもらえるサービスであると確認した。

 両社では、MediTelの提供開始により、継続的に医師や医療機関の患者に対するオンラインでの診療をサポートするとしている。

 なお、MediTelの提供にあたり、テックファームはヘルスケアアプリの運用やユーザ向けアプリやサーバ開発のノウハウ、MediTel実証実験の開発実績を生かし、MediTelの開発および、医療機関向けの販売・運用を行う。

 NTTドコモ(39works)は、医師・患者へのヒアリング、法制度の確認、ビジネスモデルの構築、複数病院での実証実験、DesignSprintを活用したサービス設計、Scrumを活用したシステム開発など、プロジェクト全体の総括を行う。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]