logo

「Windows Mixed Reality」対応モデルも--富士通、個人向けPC「FMV」4シリーズ13機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通グループは10月17日、見る・聴く・打つ、が進化した15.6型ノートPC「LIFEBOOK AHシリーズ」4機種や13.3型軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK UHシリーズ」3機種など、個人向けPC「FMVシリーズ」4シリーズ13機種を10月19日より順次発売すると発表した。

 また、カスタムメイドモデル4シリーズ5機種についても、富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて、同日より順次販売開始する。

 LIFEBOOK AHシリーズでは、LIFEBOOK AH-MR/B3(市場想定価格:24万円強)、AH77/B3(22万円強)、AH53/B3(20万円強)、AH45/B3(17万円前後)、AH42/B3(14万円強)の5機種をラインアップ。

 AH-MR/B3は、「Windows Mixed Reality」を体感できる同社グループ製の専用のヘッドセットとコントローラを標準で同梱する。さらに、CyberLinkの「CyberLink Power Media Player MR for FUJITSU」を搭載しており、市販の360°カメラで撮影した動画だけでなく、YouTubeで公開されている360°動画も楽しむことが可能。

 なお、専用のヘッドセットとコントローラ「Windows Mixed Reality Headset + Motion Controllers」は、オプション品として購入(11月下旬発売)もできる。市場想定価格は5万円強。

LIFEBOOK AH-MR/B3LIFEBOOK AH-MR/B3

 AH77/B3とAH53/B3は、最新の第8世代クアッドコアCPUインテルCore i7-8550Uプロセッサを搭載し、基本性能を強化。ディスプレイのフレーム幅を従来モデルの約17.5mmから約7.8mmまで狭めた狭額縁化と、広視野角・フルHD液晶の搭載により没入感が高まり、写真や動画をより楽しめるようになっている。

 ハイレゾ再生に適したオンキヨー製スピーカーは、従来モデルよりスピーカBOXの容量を約16%拡大するとともに、メッシュ部分に金属パーツを使用したことで、高音質なサウンドが楽しめる。

 キーボードは、約2.5mmのしっかりと打ち込める深いキーストロークで各指の力に応じてキーの重さを3段階に調整しているため、文字入力を快適に行え、キーの側面にはティーブラウン色が美しいプリズムクリアキーを採用。本体とキートップのカラーを合わせることで色の魅力を一層高めるデザインにするなど、打ちやすさだけでなく、見た目の美しさにもこだわっている。

AH77/B3AH77/B3

 AH77/B3ではさらに、本体カラーとしてメタリックブルーを追加。SSDとHDDのデュアルストレージを搭載した上位モデルであり、起動やデータの読み込みが速く、写真や動画も容量を気にせずに保存可能。

 また、「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」に対応した指紋センサを搭載する。

 AH42/B3は、約1TバイトのHDDの搭載や、ハイレゾ対応ヘッドホン(別売)を接続して、ハイレゾ音源を楽しむなど、基本性能を備えている。

 発売日は、AH-MR/B3が12月14日。AH77/B3、AH53/B3、AH45/B3、AH42/B3が11月16日。

 LIFEBOOK UHシリーズでは、LIFEBOOK UH90/B3(22万円強)、UH75/B3(19万円前後)、UH55/B3(16万円強)の3機種がラインアップする。

 13.3型ワイド液晶ノートPCで、748gの世界最軽量を実現したUH75/B3や、本体カラーに白を採用したUH55/B3など、ラインアップを充実させた。

 同シリーズでは、指にフィットしすい球面シリンドリカル形状のキートップを採用し、キーストロークを約1.2mmから約1.5mmに変更することで、本体の薄さはそのままにより打ちやすいキーボードを搭載している。発売日はいずれも11月16日。

13.3型ワイド液晶ノートPCで、748gの世界最軽量を実現したUH75/B3。発表会場のはかりでは747gとなっていた
13.3型ワイド液晶ノートPCで、748gの世界最軽量を実現したUH75/B3。発表会場のはかりでは747gとなっていた

 このほか、基本性能を強化した13.3型モバイルノートPC「LIFEBOOK SHシリーズ」(SH90/B3:22万円強、SH75/B3:20万円前後)に加え、ラインアップを強化した23.8型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ」(FH77/B3:22万円前後、FH70/B3:20万円前後、FH52/B3:16万円強)がリリースされた。

 LIFEBOOK SHシリーズでは、最新の第8世代クアッドコアCPUインテル Core i5プロセッサの搭載や、USB3.1(Gen1)Type-Cを新規に搭載するなど基本性能を強化した。発売日は11月16日。

 ESPRIMO FHシリーズでは、第7世代クアッドコアCPUインテル Core i7プロセッサを搭載したTV機能なしのFH70/B3をラインアップに追加している。発売日は10月19日。

-PR-企画特集