logo

鯖江市の空き家利活用でLIFULLら4者が協定--サテライトオフィスや民泊など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LIFULL、福井・鯖江市、鯖江商工会議所、楽天LIFULL STAYの4者は10月16日、鯖江市内の地域経済の活性化を目的に、「空き家利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結したと発表した。

 鯖江市では、病院などのインフラは充実しているものの、中心市街地における空き家や、空き店舗の増加が課題となっており、空き家の有効活用と、市内への移住、定住の促進を目的に、空き家対策を進めてきたという。今回の協定締結により4者は、それぞれの資源を生かし、鯖江市における空き家問題の解決、雇用と観光需要の創出に取り組む。

 住生活情報サービスを取り扱うLIFULLグループは、不動産、住まいに関する知見や、国土交通省の採択事業でもある「LIFULL HOME’S空き家バンク」などを活用し、鯖江市の空き家情報を集約し、全国に発信する予定。さらに、空き家を活用したサテライトオフィスを開設し、クリエーターの育成や、キッズスペース付きのオフィスを活用し、子育て中の女性の雇用創出などに取り組む。

 楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYは、空き家を利用した民泊施設のモデルケースの開発や、民泊施設への転換、運営支援、集客、マーケティング支援などを通じ、観光面から鯖江市の地域活性化への貢献を目指す。

-PR-企画特集