logo

小学生が自作ロボットをプレゼン--IT×ものづくりの祭典「Wonder Make Fes 4」 - (page 2)

藤井涼 (編集部)2017年10月16日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120作品以上のゲームやロボットが出展

 生徒たちが開発したゲームや、製作したロボットを体験できる展示ブースも見どころの1つだ。同日には、120人以上の生徒がブースに出展し、多くの来場者が開発者に質問をしながら、それらの作品を体験したり、遊んだりしていた。

 ある小学3年生の生徒は「半自動独楽回転機」を約1カ月ほどで開発。手で回すのが面倒だと感じ、コマを設置してボタン1つで回せるようにしたという。また、小学5年生の生徒が約2カ月で開発した配達ロボットは、リモコンを使ってロボットを操作し、アームで荷物を持ち上げて運べるようにするなど工夫が施されていた。


ボタン1つでコマを回せる「半自動独楽回転機」


リモコンでアームを操作して荷物を運べる配達ロボ

 マインクラフトが好きという小学6年生の生徒は、Unityを使って敵から逃げながら館を脱出するゲームを開発。今後はアイテムを使ったドアの解錠など、より凝った機能や演出を加えたいと話していた。


Unityを使った脱出ゲーム

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]