logo

「Firefox」の「Windows XP/Vista」サポート、2018年6月に完全終了へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月06日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaが「Windows XP」と「Windows Vista」のサポートをついに廃止し、これらの旧OSをサポートする最後のブラウザの提供を終了しようとしている。

 2017年に入ってリリースされた「Firefox 52」が、XPとVistaを完全にサポートする最後のバージョンだった。Mozillaは3月、それらのOSのユーザーを延長サポート版(ESR)のFirefoxに移行させた。ESRでは、セキュリティアップデートのみが提供される。

 Mozillaによると、XPおよびVista向けFirefoxは2018年6月に「終焉」を迎えるという。

 Mozillaが2016年12月に検討していたタイムフレームと比較すると、2018年6月という期限は実際には寛大な措置だ。Mozillaは2016年12月、近づいていたESRへの切り替えについて警告したとき、XPおよびVistaユーザー向けのセキュリティアップデート提供を2017年9月に終了すると述べていた

 MozillaはそれまでXPおよびVista向けFirefoxにパッチを提供し続けるが、セキュリティ上の理由から、ユーザーにサポート対象の「Windows」への移行を強く勧めている。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集