logo

大和リビング、「Google Home Mini」を活用したIoTスマートホーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大和ハウス工業のグループ会社である大和リビングは10月5日、が、Googleの「Google Home Mini」とWi-Fi環境を組み合わせた新サービスを開始すると発表した。12月中旬に大和ハウスが管理する賃貸住宅へ導入する。

 Google Home Miniは、「Googleアシスタント」を搭載し、住宅内に設置したスピーカ端末に、ハンズフリーで「OK Google」と声をかけるだけで、知りたいこと、やりたいことをGoogleがサポートするというもの。

 新サービスでは、大和ハウス工業が管理する賃貸住宅にインターネット環境を整備し、入居者は税込月額2700円(予定)で、Wi-Fiインターネット環境とともに、Google Home Miniの利用も可能となる。

 大和ハウス工業では、初年度10万戸、その後は同社が管理する全物件への設置を目標に、同サービスの導入を進め、Google Home Miniを活用したIoTスマートホームの実現を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]