logo

報道機関向け情報配信の「Spectee」、2億6000万円の資金調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Specteeは10月4日、YJキャピタル、共同通信イメージズ、みずほキャピタル、アルコパートナーズ、クオラスおよび、元マイクロソフト社長の成毛眞氏らより、総額2億6000万円の資金を調達したことを発表した。

 今回の調達資金は、リアルタイム・ニュース関連情報配信サービス「Spectee」を中心とした、国内外の事業拡大のための人材採用やマーケティングの強化に充てる予定。また、人工知能エンジン「Spectee AI」の開発を促進させるという。


リアルタイム・ニュース関連情報配信サービス「Spectee」

 Specteeは現在、国内のテレビ局や新聞社、通信社、ネット系メディア、地方自治体、レジャー施設など、100社以上の現場で利用されているという。主要取引先(主要5社のみ)としては、日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビジョン、読売新聞グループなど。

 また、6月から開始している海外向けのニュース動画配信事業では、AP通信社やニューヨーク・タイムズなど、現在世界32カ国のメディア企業に動画コンテンツを提供しているという。


Spectee海外動画事業における6月〜8月の世界国別動画販売数(割合)

 さらに、人工知能エンジンを応用した防犯・警備への活用も増えており、隅田川花火大会では、警備の効率化の新しい手段として導入されたとのこと。

 同社では、現在独自に開発を進めている人工知能エンジンを、これまでの画像・動画解析の分野からさらに一歩進めて、テキストや音声の分野でも活用するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]