logo

サムスン、「Windows Mixed Reality」ヘッドセット「Odyssey」を発表

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月04日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが新しいVRヘッドセットを発表した。この製品は「Windows」PC向けに設計されたものだ。だが、「Windows Mixed Reality」 (MicrosoftによるWindowsのVRプラットフォームの名称)をVRシステムとして使うことに抵抗のない人には、サムスンの新VRヘッドセットはホリデーシーズンの最高のハードウェアになるかもしれない。

 米国時間10月3日に発表された「Samsung HMD Odyssey」は11月6日に499ドルで発売予定だ。Odysseyは正式発表前の3日午前、Microsoftの製品ページに情報が掲載された。


Samsung HMD Odysseyが発表された。モーションコントローラが付属する。
提供:Microsoft

 Odysseyは、2017年秋に登場する多数のWindows VRヘッドセット群の1つにすぎない。AcerやASUS、Dell、HP、LenovoもWindows VRヘッドセットの発売を予定している。それらのヘッドセットと同様、Odysseyも2017年秋の発売後、MicrosoftのワイヤレスVRコントローラ、「Windows Store」で提供されるVRアプリと連携することになる。

 しかし、サムスンには、それらすべての競合ヘッドセットにないものが2つある。需要がますます拡大しているサムスンのAMOLEDスクリーンと、オーディオパートナーのAKG製の内蔵ヘッドホンだ。注意したい点として、Odysseyは競合製品より若干高価になる。


提供:Microsoft

 一般に、AMOLED技術はLCDパネルよりはるかに深い黒を表示できるので、リアルなVR体験の実現に大きく寄与するかもしれない。ほかのすべてのPCメーカーは自社のWindows Mixed RealityヘッドセットにLCDパネルを搭載している。サムスンのパネルは解像度に関しても競合製品より優れているようだ。ほかのすべてのWindows Mixed Realityヘッドセットは片眼の解像度が1440×1440ピクセルなのに対し、サムスンのディスプレイの解像度は1440×1600ピクセルで、縦方向のサイズが競合製品より大きいようである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集