logo

パナソニック、「働き方改革支援サービス」を法人向けに提供--働き方を可視化

佐藤和也 (編集部)2017年10月03日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは10月2日、働き方の可視化を通じて生産性向上に貢献することを目的とした法人向け「働き方改革支援サービス」を構築。2018年2月から順次サービスを提供予定と発表した。

 このサービスにおける可視化サービスでは、PCに専用ソフトをインストールすることにより、PCの使用状況をブラウザ上で可視化。PCの使用時間に加え、アプリケーションごとの使用時間を可視化することでき、社員の業務習慣の分析や仕分け、戦略実行のためのリソースシフト検討に役立てることができる。

 また、モバイル環境下における快適なテレワークを実現するリモートアクセスサービスとして、米国ネットモーションソフトウェアが開発、販売しているモバイルVPN「NetMotion Mobility」を使用したクラウドサービスとして提供。通信制御(補正)を行うソフトウエア型VPNで、テレワークの普及でニーズが高まるビデオ会議ソフトを、無線通信が混雑するような場所でも暗号化を維持したまま通信速度を改善し、滑らかな映像で快適に利用することができるという。

 ほかにもレッツノート専用サービスとして、PCカメラを通じて脈拍の変動からストレスを推定するサービス準備しているほか、既にビジネスクラウドサービスの一つとして展開している、HDD/SSD遠隔データ消去サービスも提供する。

-PR-企画特集