logo

Uber前CEOカラニック氏、取締役2人の任命強行--Bloomberg

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月02日 09時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberの前最高経営責任者(CEO)Travis Kalanick氏が、取締役会のメンバーやUberと協議することなく、2人の取締役を任命したようだ。

 Kalanick氏は、Xeroxの元CEOであるUrsula Burns氏とMerrill Lynchの元CEOであるJohn Thain氏をUberの取締役に任命したという。同氏が米国時間9月29日遅くにそう述べたとBloombergが報じた

 Kalanick氏は、取締役3名に関することでUberの株主らを欺いたとして、Uberを創業期から支援する投資企業の1社に提訴されている。また、Uberの取締役会がまもなく、Kalanick氏を含む株主の議決権を見直す提案を採決する可能性があると報じられている中での動きとなった。

 Kalanick氏は電子メールによる声明で、「このポストを今任命するのは、取締役会を抜本的に再編し、同社の議決権を大幅に変更するという取締役会の提案が最近あったためだ」と述べた。「したがって、特にUrsulaやJohnのような経験豊かな取締役とともに、取締役会全体がそろって適切な検討を行うことが不可欠だ」(Kalanick氏)

 Uberは電子メールで、「Burns氏とThain氏の取締役任命は、Uberと同取締役会には寝耳に水だった」と述べた。「これこそまさに、われわれが世界クラスのガバナンスを設けて、すべての従業員と株主が胸を張れる企業を確実に構築しようと取り組んでいる理由だ」(Uber)

 Uberの大株主であるBenchmark Capitalは8月、Kalanick氏が「まん延する性差別とセクハラ」などの「全体的な管理不備」を取締役会に開示しなかったとして、Kalanick氏を不正行為で提訴した。

 Kalanick氏はこの訴訟を「個人的な攻撃」とし、Benchmarkは自身に対し、6月に退任を迫ったと述べた。

 28日には、Uberと別の投資家が、Kalanick氏のUberにおける議決権を減らすことを取締役会に提案し、早ければ3日にも採決が行われる可能性があると、The New York Timesが報じた。The Wall Street Journalによると、Benchmarkは新しい議決に関する仕組みも提案しているという。

Travis Kalanick氏
Travis Kalanick氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]