logo

TVセットトップボックスのRokuが上場--終値は68%高の23.50ドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストリーミングデバイス分野のパイオニアであるRokuが米国時間9月28日、株式市場で最高の投資先の1つとなった。同日、初値15.78ドルでNASDAQへの新規株式公開(IPO)を果たしたRokuは、IPO価格の14ドルを68%上回る23.50ドルで取引を終えた。

 Rokuは1500万を超えるアクティブアカウントを擁しており、ユーザーはRokuで、2017年上半期に67億時間を超えるコンテンツをストリームしたという。これは2016年上半期からの62%増となる。「Roku Premiere」「Roku Express+」「Roku Streaming Stick」といった人気の高いストリーミングデバイスを開発するRokuは、コードカッティングのトレンドをつかんでいると述べており、IPO申請書類には、「テレビストリーミングの破壊的なコンテンツ配信モデルによって、数十億ドル規模の経済的価値がシフトしている。Rokuは、この大きな経済的機会を収益化している」と書かれていた。

Roku
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]