logo

楽天、格安スマホ「FREETEL」事業を買収

藤井涼 (編集部)2017年09月26日 16時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「楽天モバイル」を展開する楽天は9月26日、格安スマホサービス「FREETEL(フリーテル)」を展開するプラスワン・マーケティング(POM)から、国内MVNO事業を5億2000万円で買収することを発表した。11月1日を効力発生日として、会社分割方式で承継する予定。


「FREETEL(フリーテル)」

 楽天が承継するのは、「FREETEL SIM」(「使った分だけ安心プラン」「スマートコミコミプラン」など)や、FREETEL SIMに付帯する通話サービス(「FREETELでんわ」など)。また、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」や「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」も対象になる。「freetel mobile(フリモバ)」ブランドの通信事業と、プリペイドSIM事業は対象外。

 買収にともなうFREETEL SIMユーザーへの影響については、サービス提供元や契約先は11月1日から楽天になるが、サービス内容やAPN設定に変更はないとしている。また、現在適用中のキャンペーンについても引き続き適用されるとのこと。

 POMは「MVNO事業を、業界において高いシェアを誇る楽天モバイルを運営する楽天へ承継することが、今後も安定したサービスを長期的にお客様へ提供できると判断した。また、本取引によって当社はモバイル端末事業への投資に、より注力することが可能になるため、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発し、国内外へ提供できるようになる」とコメントしている。

-PR-企画特集