logo

グリーとJAXA、VRやAR分野で相互連携--人工衛星データ活用のコンテンツ開発で

佐藤和也 (編集部)2017年09月26日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月25日、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)分野において、コンテンツの共同制作などを目的とした連携協力に関する覚書を締結したと発表した。VRやAR分野における人工衛星データの活用を開拓するためとしている。

 第1弾として、全球降水観測計画「GPM」で観測された降水データを架空の街で体験できるコンテンツ「世界一の雨降り体験VR」を開発。9月30日に開催される筑波宇宙センター特別公開ならびに、10月11~13日に開催される「Japan VR Summit 3」にて展示を予定している。

 今後はVRやAR分野における人工衛星データ利用の拡大、VRやAR市場の拡大や開発者育成を目的としたハッカソンの開催なども検討していくとしている。

  • 「世界一の雨降り体験VR 」画面イメージ

  • 「世界一の雨降り体験VR 」画面イメージ

-PR-企画特集