logo

パナソニック、ネット動画も簡単に楽しめる「ビエラ」--前後チルトで置き方自由

加納恵 (編集部)2017年09月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月25日、液晶テレビ「ビエラ」シリーズに「ES500」シリーズを発表した。YouTubeやNetflixなどの動画サービスが簡単に楽しめる機能を備える。発売は10月20日。想定価格は32V型の「TH-32ES500」が7万円前後、24V型の「TH-24ES500」が6万円前後になる。

「ビエラ ES500」シリーズ
「ビエラ ES500」シリーズ

 インターネットにつなぐだけで、テレビのアプリ経由でネット動画サービスの視聴が可能。スマートフォンアプリ「TV Remote2シンプルモード」を利用すれば、ネット動画はもちろん「放送中の番組」や「録画した番組」などから、見たいコンテンツを選ぶとテレビで視聴できる。

 画面を前後に動かせるチルト機構を備え、さまざまな設置スタイルに対応。デスクやカウンターさらに床置きでも、前5〜後ろ10(24V型は15)度に動かすことで見やすい視聴が可能になるという。ダークシルバーとホワイトの2色をそろえ、360度どこからみても美しいデザインを採用。背面カバーは継ぎ目をなくしたほか、ネジ穴も最小限に抑えている。

背面もすっきりデザイン
背面もすっきりデザイン

 ダブルチューナを搭載し、別売のUSB HDDを接続すれば、裏番組録画にも対応。BDレコーダー「ディーガ」との組み合わせにより、リモコンの番組表ボタンを押すだけで、従来の現在・未来の番組表に加えて、新たに過去にさかのぼった番組表(録画一覧)を表示できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集