logo

ソフトバンクもiPhone 8/8 Plus発売--「アンリミテッドな感覚で楽しんで」

坂本純子 (編集部)2017年09月22日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは9月22日、iPhone 8/8 Plusを発売した。午前8時からの発売に伴い7時40分からソフトバンク銀座にて発売セレモニーをスタートした。

「乗るしかない、このビッグウェーブに」とコメントしたことで一躍有名になったBUTCH(ブッチ)さん(iPhone 8 Plusのズーム撮影)
「乗るしかない、このビッグウェーブに」とコメントしたことで一躍有名になったBUTCH(ブッチ)さん(iPhone 8 Plusのズーム撮影)

 かつては前夜から行列ができていたが、今回は列に並べる時間が午前5時からという制限もあり約10人程度。iPhone 3Gの発売時に「乗るしかない、このビッグウェーブに」とコメントしたことで一躍有名になったBUTCH(ブッチ)さんらもイベントに参加し、カウントダウンを楽しんだ。なお、写真の一部はiPhone 8 Plusで撮影した。

ソフトバンクのCMに出演する上戸彩さんと古田新太さんらがカウントダウンに参加し、イベントを盛り上げた
ソフトバンクのCMに出演する上戸彩さんと古田新太さんらがカウントダウンに参加し、イベントを盛り上げた

iPhone 8の予約状況は「妥当」

 2016年のiPhone 7シリーズ発売当時、ソフトバンクでは「過去最高の予約」だったという。今回のiPhone 8シリーズについてソフトバンク代表取締役社長の宮内謙氏は、「iPhone 8シリーズのiPhone Xが11月に発売するので例年に比べると少し少ないが、iPhone Xのことを勘案すると妥当じゃないか。iPhone 8シリーズとiPhone Xを合わせると(これまでを)はるかに超えていくと思う」とコメントした。

 カラーは、ゴールドがやや人気が高い傾向で、シルバーとスペースグレイは同じぐらいだという。Apple Watch Series 3については、「もともと多くなかったのもあるが例年よりも全然多い。『おお、こんなに(予約が)来たか』という印象」と話した。

iPhone 8とiPhone 8 Plus(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
iPhone 8とiPhone 8 Plus(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
Apple Watch Series 3(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
Apple Watch Series 3(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)

20Gのギガモンスターは、制限超えが3割以上

 今回、ソフトバンクはiPhone 8シリーズの発売に合わせ、料金プラン「スマ放題」「スマ放題ライト」で選べるデータ定額サービスとして「データ定額 50GB」(月額7000円)の「ウルトラギガモンスター」を発表した。

50Gバイトを7000円で提供する「ウルトラギガモンスター」
50Gバイトを7000円で提供する「ウルトラギガモンスター」

 さらに、最新のiPhoneの機種代金が最大半額になる「半額サポート for iPhone」に、1年で機種変更が可能になる「1年買い替えオプション」を用意し、毎年新しいiPhoneに変更したい人に向けたプランも登場。同じ住所に暮らしていれば別姓でも家族割とみなし、最大2000円を割引く「みんな家族割」も用意した。

毎年買い換えたい人向けの「1年買い換えオプション」
毎年買い換えたい人向けの「1年買い換えオプション」
同じ住所に暮らしていれば別姓でも家族とみなし、最大2000円を割引く「みんな家族割」
同じ住所に暮らしていれば別姓でも家族とみなし、最大2000円を割引く「みんな家族割」

 これについて宮内氏は、「最先端のiPhoneは使い勝手がいい。特に動画がよく、iPhone 8 Plusのカメラ性能は一眼レフのデジタルカメラ以上のパワーがある。従来のギガモンスター(20Gバイト)では、制限を超える人が3割以上。制限を超えてない人も、月末になると我慢している人がいることはデータとして出ている。ユーザーからするとアンリミテッドな感覚で使えることに焦点を当てた。ウルトラギガモンスターで、どんどん動画を楽しんでもらいたい」とコメントした。

ソフトバンク代表取締役社長の宮内謙氏(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
ソフトバンク代表取締役社長の宮内謙氏(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
店頭にいる「お父さん」(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
店頭にいる「お父さん」(iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影)
ポートレートモードで撮影すると、右上の「編集」をタップし撮影後に好みのモードに変更できる。写真は「ステージ照明」
ポートレートモードで撮影すると、右上の「編集」をタップし撮影後に好みのモードに変更できる。写真は「ステージ照明」

-PR-企画特集