logo

サムスン、自動運転技術への投資を加速--3億ドルのファンドを設立

Steve Ranger (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年09月15日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは自動運転技術への関与を強めているが、独自の自動運転車を開発する意向はないことを示している。

 サムスンは、コネクテッドカーや自律型テクノロジに投資する3億ドルのファンドを設立した。そうしたテクノロジとしては、スマートセンサやマシンビジョンといった形の人工知能(AI)のほか、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、コネクティビティ、安全システム、セキュリティ、プライバシーなどがある。

 この基金は最初の投資先として、TTTechに7500万ユーロを投じる。TTTechはネットワーキングおよび安全制御を手がける企業で、自動運転プラットフォーム向けの複雑なソフトウェア統合に取り組んでいる。

 サムスンはすでにこの分野への関心を明確に示しており、その一環として2017年に入り、インフォテインメントおよびコネクテッドカー技術を手がけるHARMAN Internationalを80億ドルで買収した。

 サムスンによると、HARMANは自律型の先進的ドライバー支援システムに取り組む新事業部を創設したという。


提供:Andrea_iStock, Getty Images/iStockphoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]