ドコモ、1つの番号でスマホとアクセサリ端末の通話・通信ができる「ワンナンバーサービス」

坂本純子 (編集部)2017年09月13日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月13日、月額500円で1つの電話番号をスマートフォンとウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末で共有して利用できる「ワンナンバーサービス」を9月22日より提供すると発表した。

 ワンナンバーサービスは、ドコモの回線で利用しているスマートフォンの電話番号をウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末と共有することで、アクセサリ端末もモバイルネットワークに接続ができるオプションサービス。

「ワンナンバーサービス」
「ワンナンバーサービス」

 「カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」と「パケットパック」または「シェアオプション」および「spモード」の契約が必要になる。また、これらの料金および通話料・通信料がかかる。

 このオプションを利用すると、スマートフォンを持たずにランニングなどのスポーツをしたり、スマートフォンを置いて外出しても、アクセサリ端末で音声通話やモバイルデータ通信を利用したりできるようになる。

 ドコモは同日、アップルが発表した「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」、モバイル通信機能を搭載した「Apple Watch Series 3」(GPS+Cellularモデル)を9月22日より発売すると発表している。

 Apple Watch Series 3は、これまで通りBluetoothとWi-Fiに対応したモデルに加え、新たにLTE通信対応モデルをラインアップ。Apple Watch単体で通信・通話が可能となった。電話番号はiPhoneと共通化されており、SIMカードの機能を備える超小型のチップを内蔵する。

Apple Watch Series 3
Apple Watch Series 3

 今回のオプションサービスは、Apple Watch Series 3(GPS+Cellularモデル)の発売に合わせたものだ。利用するには、ワンナンバー登録手数料500円がかかる。なお、2018年3月31日までに申し込むと、登録手数料が無料になるほか、月額使用料500円が180日間無料となるキャンペーンを実施する。

KDDI、Phone 8シリーズやApple Watch Series 3など発売へ--オプションプランも発表
ソフトバンクはApple TVも--iPhone 8シリーズやApple Watch Series 3など発売へ
NTTドコモもApple Watch発売へ--iPhone 8シリーズとともに9月15日から予約開始
LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」発表--国内は大手3キャリアで販売
4K&HDRに対応した「Apple TV 4K」--A10Xコアで大幅性能アップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加