logo

アップル、ソフトウェアを統括するC・フェデリギ氏が「Siri」も担当

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月04日 08時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleでソフトウェアを統括するCraig Federighi氏が、「Siri」チームも統括することになったようだ。Appleのサイトに掲載されているFederighi氏の経歴に記されている。

 これに伴いFederighi氏は、インターネットソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデントのEddy Cue氏からSiriの統括を引き継ぐ。

 Federighi氏の経歴には、「Craigは、iOS、macOS、Siriの開発を監督している」と記されている。「同氏のチームは、ユーザーインターフェースやアプリケーション、フレームワークなどのAppleの革新的な製品の中核を担うソフトウェアの提供を担当する」(Federighi氏経歴)

 Appleはコメントを控えた。

 今回の動きについては、6月にAppleのWorldwide Developers Conference(WWDC)で示唆されていたかもしれない。Federighi氏は壇上で、人工知能(AI)をSiriに組み込んで、この音声アシスタントをより自然に会話させる方法について語っていた。

 同氏は、Siriがコンピュータで生成された男性または女性の声で、さまざまな抑揚で会話する様子をデモしていた。

Craig Federighi
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]