logo

ドコモとセコム、「AED」が正常に使えるかを監視する実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとセコムは9月1日、IoT向け通信ネットワーク「LPWA」を活用した「AEDオンライン管理サービス」の運用開始を目指して、共同で実証実験を開始すると発表した。

 このサービスでは、AED(自動体外式除細動器)が正常状態にあるか、持ち出されていないかなどを、LPWAネットワークを使用して監視し、異常が発生した場合にはセコムが速やかに対応して正常化することで、AED設置者の維持・管理の負担を軽減する。実験では、ドコモがLPWAネットワーク「LoRa」、センサ網用LPWA通信モジュール、LPWA対応IoTゲートウェイ、データを管理するLPWA通信サーバを提供する。

 実証実験は、9月2~3日の2日間に代々木公園で開催される「SHIBUYA BOSAI FES2017」で実施される。代々木公園のイベント会場に設置したセコムのAED3台とIoTゲートウェイを接続し、約2kmの長距離通信を安定的に低消費電力で実現できるかどうかを確認するという。

 セコムは運用開始に向け、セコム社内や協力先に設置されたAEDについて、通信の安定性や運用コストなどを検証。LPWAの有用性や商用化に向けて最適化することで、2018年内の運用開始を目指す。将来的には、セコムが全国に販売した約17万台のAEDなど、さまざまなセキュリティ商品へのLPWA通信機能の実装・IoT化に取り組むという。

-PR-企画特集