logo

ソニーとパナソニックからもスマートスピーカ--Googleアシスタント搭載

加納恵 (編集部)2017年09月01日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとパナソニックは、ベルリンで開催されるコンスーマーエレクトロニクスショー「IFA 2017」で、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカを発表した。


ソニー「LF-S50G」

 ソニーはワイヤレススピーカー「LF-S50G」を発表。音量や曲送りなどは、手をスピーカにかざすことで操作ができる「ジェスチャーコントロール」を採用。JIS防水保護等級IPX3を備え、キッチンなどの水回りでも使用できる。米国、イギリス、ドイツ、フランスから発売する。

 ソニーではあわせて、テレビ「ブラビア」にもGoogleアシスタントを2017年内に搭載することを発表。EF-S50Gやブラビアのリモコンに話しかけるだけで、音楽や動画コンテンツの再生をはじめ、ニュースなどの情報取得、さらにソニーのGoogleアシスタント対応のWi-Fi対応オーディオ機器、照明などのIoTデバイスの操作ができるようになるとしている。


パナソニック「SC-GA10」

 パナソニックは、Googleアシスタントに対応し、話しかけるだけで操作ができるワイヤレススピーカ「SC-GA10」を披露した。独自技術による高音質再生を実現しているという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集