logo

ロジクール、マルチデバイス&マルチOS対応のキーボード「ロジクール KX1000s」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Logitech Internationalの日本法人であるロジクールは8月31日、クリエイティブ入力ダイヤル「CROWN」ひとつで10種類以上のクリエイティブ系・オフィス系のソフトウェア・アプリの機能を操作できる「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」(型番:KX1000s)を9月15日に発売すると発表した。店頭予想価格は2万3750円(税別)。

 キーボードカテゴリでは初となる「KX」シリーズのキーボード製品で、KXは、キーボードカテゴリの最高級クラスを表す。ロジクールのマウス「MX Master 2s」や「MX Anywhere 2s」と同じクラスの製品だ。


 この製品は、Logitech InternationalがAdobeのデザイナー、プロダクトマネージャー、エンジニアと協力して開発した。


 Adobe Creative Cloudの利用者やさまざまなソフトウェア・アプリの作業に合わせて仕事の効率を上げたい人、精確なキー入力で作業効率を向上させたい人など、効率の高いワークライフを重視するユーザー向けのハイエンド・キーボードだ。

 対応するのは、Adobe製品(Photoshop CCやIllustrator CCなど)、Microsoft Officeなど10種類以上のソフトウェアとアプリ。

 ボディは、見た目の美しさだけでなく、打鍵感も向上する陽極酸化アルミを採用。表面キートップには、耐久性に優れ、キー入力の精確性をアップするコーティング加工が施されている。


 また、マルチデバイス&マルチOSに対応しており、1から3の番号ボタンをタッチするだけで、WindowsやMacに関係なく最大3台のOS・デバイス間で切り替えが可能。さらには、キーボードのレイアウトはWindows・Macの両対応設計となっている。


 キーボードは、安定性と精確性を考慮して設計されており、キーの安定性によってノイズを減少させてレスポンスを最適化。キーストロークを感じながらも静かなタイピングが可能。また、球状のキーのくぼみは、入力精度を高める設計になっており、指を簡単に正しい位置に置くことができ、素早い入力でもミスのない快適な入力操作が可能だという。

 鮮やかなバックライトを搭載し、手を近づけるとキーが点灯。変化する照明条件に合わせて、自動的に輝度が調節される。


 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]