logo

サムスン、防水でGPS搭載の「Gear Fit 2 Pro」--Spotifyオフライン再生も

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2017年08月31日 10時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1年前に発売されたサムスンの「Gear Fit 2」は、シャープなデザインと多彩な機能を特徴とし、人気モデルとなるあと一歩のところまで来ていた。だが、この製品には弱点があった。装着したままシャワーを浴びたり、泳いだりすることができなかったのだ。

 そして今回、「Gear Fit 2 Pro」が発表された。この最新型モデルは、GarminやFitbitから発売されているフィットネストラッカーの最上位機種(さらに豊富な機能を備え、スマートウォッチに近い働きをする)にも対抗できそうに見える。何よりも重要なのは、水泳時にも使える5気圧防水、内蔵GPS、Spotifyのオフライン音楽再生に対応したことだ。

サムスンのフィットネストラッカー「Gear Fit 2 Pro」
サムスンのフィットネストラッカー「Gear Fit 2 Pro」
提供:Andrew Hoyle/CNET

 より大ぶりなサムスンのスマートウォッチ「Gear Sport」も同様の機能を持つが、それをGear Fit 2 Proのように、よりコンパクトなデザインに詰め込むことができれば、さらに良いはずだ。

 とはいえ、機能が充実したぶん、価格は少し上昇した。Gear Fit 2 Proの販売価格は200ドルで、米国では9月15日に発売予定だ。

サムスンのフィットネストラッカー「Gear Fit 2 Pro」
水を注いだグラスに入れても大丈夫だ。
提供:Andrew Hoyle/CNET

 サムスンは、この新モデルで、心拍数の計測とフィットネストラッキングが改善されたとうたっている。前のモデルでは筆者はその点で失望させられたので、これは良い知らせだ。Gear Fit 2 Proは毎秒の心拍数を計測できるが、デフォルト設定では10分に一度の計測となっている。一方、フィットネストラッキングには、運動中の自動一時停止機能が追加された。

  • 1.5インチ「Super AMOLED」曲面タッチディスプレイ、「Gorilla Glass 3」採用
  • 「Tizen」OS搭載
  • 4Gバイトの内蔵ストレージ
  • Spotifyの音楽ダウンロードをサポート
  • 5気圧防水
  • Bluetooth 4.2、Wi-Fi対応
  • GPS/GLONASS/Beidouの各衛星測位システムに対応
  • 心拍数記録機能
  • 気圧計
  • バッテリ容量200mAh
  • 「Galaxy」シリーズ(「Android 4.3」以降)、その他のAndroid製品(4.4以降)、「iPhone」7/7 Plus/6s/6s Plus/SE/5(「iOS 9.0」以降)に対応
    • この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]