logo

MFSがオプトベンチャーズとGCPから総額2.5億円の資金調達

加納恵 (編集部)2017年08月28日 13時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住宅ローンファイナンスに特化し、フィンテックを活用したサービスを提供するMFSは、オプトベンチャーズとグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)を引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。調達額は総額2億5000万円。

 MFSは、住宅ローン見直しの相談窓口「モゲチェック・プラザ」を2016年4月に開始。現在、相談件数1000件、金利削減額平均480万円という実績を残している。2017年1月から住宅ローンの新規借り入れコンサルティングサービスと日本初の住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」をスタートし、「HOME’S」(LIFULL)や「nomu.com」(野村不動産アーバンネット)などの不動産情報サイトや家計簿アプリ「Zaim」(Zaim)とも提携している。

 今回の資金調達によりMFSは、システム投資や人材採用の強化を実施。住宅ローン比較モゲチェックにローン比較機能を加えコンサルティングやローン管理ができるようにするほか、ユーザーを効率的に集客するために、外部事業者と連携したマーケティングの強化、開発部門の人員拡大、全国対応オペレーションの構築などをしていくという。

-PR-企画特集