logo

KDDIやNECら6社、IoT時代のインフラエンジニアを育成する協議会設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、日本電気(NEC)、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は8月28日、IoT時代のインフラエンジニアを育成する協議会「高度ITアーキテクト育成協議会」(英語名: Advanced IT Architect Human Resource Development Council、AITAC)を設立し、活動を開始したと発表した。


 6社は、IoT時代のITインフラを運用・管理していくためには、これまでのハードウェアに関するスキルに加えて、ソフトウェアに関するスキルを有した人材が必要不可欠だが、現状でそのような人材は通信事業者などのICT関連企業に集中しており、その数も限定的だと指摘。その一方で、ITインフラエンジニアに対するニーズはさらに高まることが予想されると説明する。

 そこで、IoT時代に求められる高度ITアーキテクト(ネットワークとコンピューティング両方のスキル、仮想化や外部クラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルを所有し、ITインフラを運用・管理ができる人材)の育成を目的としてAITACが設立された。

 AITACでは、国内外の社会人・学生を対象に、Software Defined Network(SDN)/Network Function Virtualization(NFV)などの技術・スキル習得のための体系的な育成カリキュラムの策定して提供。産学と連携した教育訓練の場の整備や、SDN/NFVなどの情報通信技術に関する資格認定制度の整備を進めるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]