logo

テスラの音楽ストリーミングサービス進出を裏付ける新たな手がかり?

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年08月28日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Tesla車の所有者にとって、独自の音楽ストリーミングサービスを利用できる可能性が、さらに高まったと言えるかもしれない。

 クリーンエネルギーに関するニュースサイトElectrekによると、Teslaの電気自動車に対する先ごろのアップデートの一環として、新たなクライアントが発見されたという。現行のラジオ、ストリーミング、「TuneIn」タブと並んで、クライアントのタブに「TTunes」という名称を示すコードが追加されている。

 Teslaが自社の自動車で提供する独自の音楽ストリーミングサービスへのライセンス取得について、大手音楽レーベル各社と話し合いを持ったとのうわさが最初に浮上したのは6月だ。

 Teslaから公式のコメントは得られていないが、同社の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は「TTunes」という名称は冗談であるとツイートした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]