logo

エアコンやTVなどをデバイスで操作--マウス、IoT機器「mouse スマートホーム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューターは8月22日、ルームハブと連動し屋内・屋外にかかわらず家電などをコントロールできる一連のIoT機器「mouse スマートホーム」を8月24日より発売すると発表した。


 今回販売する「mouse スマートホーム」は、ルームハブを中心に連動させる一連のデバイス群。台湾EQLとマウスコンピューターが共同で開発した。

 利用するには、PC・スマートフォンにアプリをインストール後、対応製品を登録する必要がある。登録が済めば、基本となるルームハブを経由し、手元のデバイスから赤外線通信やBluetoothを利用して関連するスマートホーム製品や家電をコントロールできるようになる。

 これにより、留守宅で心配な電気・家電製品の消し忘れやドアや窓の閉め忘れなどが外出先から確認できるほか、ルームハブとLEDライトを活用して自宅の照明のスケジューリングが可能になるなど、自身のライフスタイルに合わせた運用ができる。

mouse スマートホーム商品詳細

ルームハブ

 エアコンやTVなどを手持ちのデバイスからコントロールできるようになるハブ。また、照明や ACアダプタなど、対応する「mouse スマートホーム」製品を複数登録することで、アプリでコントロールが可能となる。


スマートプラグ

 ルームハブを介して、手持ちのデバイスによる遠隔地からの操作を可能にするプラグ。家電製品の電源オン/オフに加え、スケジュール設定もコントロール可能。週・月単位での電気使用量や消費履歴も確認できる。


スマート LED ライト

 ルームハブを介して、手持ちのデバイスによる点灯や消灯の遠隔操作を可能にするLEDライト。ひとつだけでなく複数のライトの光量調整やスケジュール設定にも対応する。


モーションセンサ

 赤外線で人の動きを検出し、ルームハブを介して所有するデバイスに通知するモーションセンサ。定期的に履歴も残せるので、離れて暮らす家族の見守りにも適しているという。


ドアセンサ

 ドアや窓の開閉を感知し、ルームハブを介して所有するデバイスに通知する電池式のドアセンサ。人の出入りだけでなく、ドアの開け放し、閉め忘れ対策にも活用できる。


スターターキット

 ルームハブを中心とした、mouse スマートホームの5製品をオールインワンにしたスターターキット。2万4800円(税別)。



スマートシナリオ

 スマートフォンやPC用アプリ。製品の組み合わせを登録でき、各製品を連動する。


 今後は、PM2. 5の濃度を確認できる「PM2.5センサー」やPM2.5センサーなどのmouse スマートホーム製品と連携させて部屋の空気を綺麗に保つことができる「空気清浄機」を予定している。



-PR-企画特集