logo

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに約14億出資--社外取締役に三木谷氏も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は8月21日、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケアから約14億円の第三者割当増資を引き受け、ジェネシスヘルスケアに出資したと発表した。

 今回の増資に伴い、ジェネシスヘルスケアの資本金は、遺伝子解析事業者としては国内最大規模となる約21億円(資本準備金を含む)になるという。

 なお、ジェネシスヘルスケアには、楽天の三木谷浩史氏が社外取締役として就任する。

 ジェネシスヘルスケアによると、今回の出資を受け、日本における遺伝子研究の発展を目的とし、事業拡大に向けたシステム・研究開発、遺伝子分野への啓発活動の一環としての広告活動、ならびに人材開発・育成の強化に充当するという。

 ジェネシスヘルスケアは、長年の自社による遺伝子解析と同分野における共同研究による実績に加え、遺伝子解析サービスの提供を通じて国内最大規模の遺伝情報データベース(2017年8月時点 アジア地域含む約52万人分)を保有。

 2020年には、100万人分のデータベースにまで到達させることを目標に、医療や研究機関などの広範囲に向けてサービスを提供できるように、独自の研究を行っている。

 ジェネシスヘルスケアでは、民間向けの検査キット「GeneLife(ジーンライフ)」の提供を通じ、遺伝子研究で人々の生活をより豊かにしていくことを目指すとしている。

-PR-企画特集