logo

Synology、3万5000円前後の個人向け4ベイNASサーバ「DiskStation DS418j」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Synologyは8月17日、4bay NASサーバー「DiskStation DS418j」を発表した。

 同製品は、自宅などで利用する個人利用者が、効果的にデータの管理、保護、シェアができる4ベイNASサーバ。価格は3万5000円前後(税別)。8月下旬に出荷開始となる。

 デュアルコアCPU「Realtek RTD1293」(1.4GHz/64bit)と1Gバイト(DDR4)のシステムメモリを搭載し、Windows PCのRAID 5設定下では、毎秒112Mバイトを超える読み出し速度と、毎秒87Mバイトを超える書き込み速度を実現。

 最大内部生容量(容量はRAIDタイプにより異なる)は、40Tバイト(10Tバイト×4)。最大シングルボリュームサイズは、108Tバイト。4つあるドライブベイには、3.5インチHDDおよび、2.5インチHDD/SSDが搭載できる。

 前面には、UXと省エネ機能を重視したLEDランプを搭載。また本体は、フル稼働時で21.22ワット、HDD休止状態だとわずか8.97ワットしか電力を消費しないという。

 なお、直感的に操作ができるDiskStation Manager(DSM)をOSに採用。自宅用や個人で使用する際に必要なアプリケーションのバックアップ、マルチメディア対応などの機能を搭載している。

 外形寸法は、高さ184mm×幅168mm×奥行き230mm。重量は、2.21kg。外部ポートとして、RJ-45 1GbE LAN ポート×1、USB3.0×2を備える。


-PR-企画特集