logo

ソニー、ディープラーニングの開発環境「Neural Network Console」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月17日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」の無償提供を開始したと発表した。

 これによりプログラムエンジニアやデザイナーは、ニューラルネットワークの設計、学習、評価などを効率的に行いながらディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになるとしている。今回公開されたコンソールソフトウェアでは、GUIで、ニューラルネットワーク構造を視覚で確認しながら設計、学習、評価が可能。

 豊富なレイヤーが用意されるほか、ドラッグ&ドロップによるニューラルネットワークの編集に対応。さらに、ネットワーク設計の完了後、ボタン1つで高速な学習が開始されるという。学習の進捗状況や性能については、画面上でリアルタイムに確認可能。

 学習した何十種類ものニューラルネットワークを履歴として一覧できるため、過去に設計したニューラルネットワークの性能も一覧して比較できるという。また、自動で得られた複数の最適化結果からニーズに応じたニューラルネットワークが選択できるとしている。

 ソニーでは、今回の施策をAI環境整備の一環として実施している。なお、ディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」のオープンソース化を6月に実施している。

-PR-企画特集