logo

電子レシートを媒介に店舗とコミュニケーションできる「Square メッセージ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Squareは8月17日、メールまたは、SMSで送るレシート(電子レシート)が事業者と顧客を結ぶコミュニケーションツールになる「Square メッセージ」の提供を開始したと発表した。


 同機能は、「Square POSレジ」の電子レシートに組み込まれたサービスで、すべてのSquare加盟店が無料で利用可能。事業者は電子レシートを通じてユーザーの満足度や感想を直接受け取れるようになる。利用者の満足度をタイムリーに把握し、必要に応じて返信することで、利用者と信頼関係を築き、次の来店に繋げることもできるという。

 ユーザーとのコミュニケーションは、Squareプラットフォーム上において1対1で完結する。例えば、利用者から改善の要望があった場合に必要な対応をとることで、ネット上のネガティブなコメントや口コミから店舗の評判を守ることができるという。

 機能を利用するには、ユーザーが電子レシート受信後に「サービスを評価してください」という項目の下にあるアイコンをタップすることで、事業者に対してレビューや感想を送ることができる。送信時に、事業者から返事を希望するかを選択可能だ。

 利用者からのメッセージが届くと、事業者にはメールで通知される。管理画面「Square データ」からいつでもメッセージが確認でき、利用者が事業者からの返信を承諾している場合には、Square データからメッセージに直接返答できる。これにより、利用者の不満や不便に感じている点を解決したり、必要に応じて割引クーポンを発行したりもできる。


 また、近日中に顧客管理機能「顧客リスト」に、利用者の来店傾向を管理画面上で把握できるフィルタ機能の追加も予定している。このフィルタ機能を利用することで、「直近1カ月で4回以上来店している優良顧客」や、「最終来店から3カ月以上経過した利用者」などを管理画面で一覧表示できるようになる。また、一覧をもとに、事業者とのやり取りを承諾しているユーザーに対して、個別に割引クーポンを送るといったことも可能だ。

-PR-企画特集