logo

グーグル、「G Suite」をアップデート--共同作業の支援機能を追加

ZDNet Japan Staff2017年08月17日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月16日、「G Suite」への新しいアップデートを公開した。より効果的な「バージョンコントロール」の支援、ワークフロー向けツール群のカスタマイズ、そして、チームが必要なときに必要な情報を見つけられるように支援することが狙いだという。

 今回のアップデートにより、「Googleドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」の文書のさまざまなバージョンに任意の名前を付けることが可能になった。この機能を利用すれば、チームの進捗状況を記録できるほか、文書が実際に完成したことを伝えるのにも役立つ。ウェブ上の「Version history」(バージョン履歴)で、チームが施した変更を一元的に整理および追跡することも可能だ。この機能は以前、「Revision history」(変更履歴)と呼ばれていた。

 文書の「clean versions」のプレビュー機能では、コメントや提案された編集を表示せずに、文書がどのように見えるのかを確認できる。また、文書内の全ての編集提案を一括で同時に承認、または拒否することもできる。「Android」「iPhone」「iPad」デバイスから文書の変更を提案することも可能になった。

 「Litera Change-Pro for G Suite」や「Workshare」アドオンを使えば、文書を簡単に比較することができる。


提供:Google

-PR-企画特集