logo

LINE、グループ内でライブ配信を共有しながらトークできる「チャットライブ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月16日、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、グループ内でライブ中継をシェアできる「チャットライブ」を実装した。


トークルーム上部の「電話」アイコンを選択し、「LIVE」ボタンをタップするだけで開始可能

 チャットライブは、トークルーム内でライブ配信できる機能を使い、グループトークや複数人トークに参加しているメンバーのライブ中継をシェアできる。最大200名のメンバーとライブ中継画面を共有しながらトークが楽しめるという。

 ライブ配信はトークルーム上部の「電話」アイコンを選択し、「LIVE」ボタンをタップするだけで開始可能。中継画面は、画面上段で再生できるほか、フルスクリーンや画面の1/8のサイズなどが用意されている。

 今回のアップデートでは、トークルーム内のカメラ機能にカメラアプリ「B612」や「Foodie」に採用されている顔認識フィルタやエフェクト機能を追加。これにより、トーク中に他のカメラアプリを起動することなく、フィルタやエフェクトが使えるようになった。フィルタやエフェクトは、ライブ中継にも利用可能だ。


フィルタを適用しながら配信できる

 さらに、撮影時の画面サイズとして、1:1、3:4、9:16と3種類のアスペクト比を用意。動画編集時は、切り取り機能やミュート機能を用いて短く編集できるほか、音声の削除も簡単だ。このほか、LINE内で動画やYouTubeの再生画面を縮小表示し、動画を楽しみながらLINE上でトークできる機能をiOS版にて公開(Android版の提供時期は検討中)している。


YouTubeを表示させながらのトークも可能

-PR-企画特集