logo

AI技術に対応したスマートスピーカの開発へ--オンキヨー、ネインと共同開発で合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは8月14日、オンキヨーグループとネインがAIにつながるヒアラブル市場への商品共同開発について基本合意したと発表した。

 同社によると、同社グループは音声認識を中心としたAI技術に対応するスマートスピーカーをはじめ、高いオーディオ技術と他社技術を融合させ、IoT時代を見据えた次世代製品の開発を積極的に行い、新市場の開拓を推進しているという。

 ネインは、2014年11月に大手メーカーで10年以上車載機器開発に携わってきたメンバーが中心となって設立したベンチャー企業。企画からデザイン、回路設計、組み込み、アプリ、クラウドソフトウェア開発をすべて自社で行うことで高効率、ハイスピードなモノづくりを進めている。

 なお、ネインが開発した、安全で快適な“ながらスマホ”を可能とするイヤホン「APlay」は、Androidアプリ「APlay」と連携することで、高音質コーデック対応で音楽を楽しめるだけでなく、音声アシスタントにより、カレンダー、天気、路線情報、ニュース、Twitterなどのリアルタイム情報、LINE、Facebookメッセンジャー、SMSなどのメッセージを音声で聞くことが可能。


ワイヤレスイヤフォン「APlay」

 また、LINEやFacebookなどのメッセンジャー機能からメッセージが届いた時は、音声認識によりダイレクトに返信できる。

 ネインでは、自社ブランドでの企画開発を行う一方で、「APlay」をはじめとするヒアラブル技術の多方面でのさらなる活用をグローバル市場で図る意向があった。

 そこで今回、こうした両社の認識を踏まえ、双方のもつ強みを活かし、AIとつながるヒアラブルデバイス市場における商品共同開発を検討することに関して基本合意に至ったという。

 検討する共同開発の内容については以下の3つを挙げている。

  1. オンキヨーグループが企画開発するヘッドホンにおける音声認識、通知機能のアプリケーション(iOS/Android)の共同開発(Android版は8月末リリース予定)
  2. AI技術に対応するスマートスピーカーへの音声認識、通知機能の開発
  3. オンキヨーグループによるネインが企画・開発するヒアラブル・AIデバイスの開発支援

-PR-企画特集