logo

「YouTube」アプリでビデオが直接シェア可能に--アプリ内チャット機能も追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google傘下のYouTubeは、モバイル向け「YouTube」アプリのビデオ共有機能を拡充し、気に入ったビデオをアプリ内で友人や知人に知らせて、そのままアプリ内でチャットできる機能を正式に提供開始した。


YouTubeアプリ内でビデオ共有とチャットが可能に(出典:Google)

 もちろん、YouTubeアプリには以前からビデオ共有機能が搭載されている。ただし、共有するにはビデオのURLを一旦コピーし、ほかのメッセージングやメール、SNSなどのアプリにペーストして送信しなければならない。Googleは、「ウォーターサーバーで一緒になった人へ『この新曲もう聴いた?』と話しかけるくらい手軽にシェアしたい」としている。

 そこで、2016年にYouTubeアプリへビデオ共有機能を試験的に導入。ユーザーからのフィードバックを参考にして改良を施し、いよいよ全ユーザーへ提供することになった。

 ビデオのアプリ内共有は、YouTubeモバイルアプリに新設される「Shared」タブから相手を指定して実行する。相手にビデオの存在を伝えて見てもらえるほか、メッセージング画面でそのビデオについてチャットして感想を交換できる。さらに、相手から別のビデオをシェアしてもらったり、別の知人をチャットに招いたりすることも可能。


新たなタブから共有(出典:Google。赤丸は筆者)

 なお、URLを利用するこれまでのビデオ共有方法も引き続き使える。

-PR-企画特集