logo
中国デジタルビジネス最前線

ザリガニが飛ぶように売れる!--加熱する中国ライブ配信アプリの今 - (page 2)

近衛元博(D2C China代表)2017年08月15日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年はライブ配信“元年”

 2016年はいくつかの大手企業がライブ配信アプリ市場に参入したことなどから、ライブ配信の“元年”と言われてます。配信されているアプリは200個以上となり、利用ユーザーはすでに3億人を超えています。


2017年Q1中国在線直播市場研究報告(出典:iiMedia Research)

2017年Q1中国在線直播市場研究報告(出典:iiMedia Research)

大手無料動画サイトも参戦

 ライブ配信をビジネスに活用しようという動きはECサイトだけではありません。爱奇艺(iqiyi)、优酷(Youku)、腾讯(テンセント)といった中国の無料動画サイトもこのビジネスチャンスを見逃しませんでした。

 無料動画サイトのライブ配信で象徴的だったのは、2016年末にテンセントが中国の国民的人気歌手、王 菲(フェイ・ウォン)の上海コンサートをライブ配信したことです。5年ぶり、しかも上海でたった一回のみの公演ということで、チケットの価値は高騰し「お金があってもチケットが買えない」状況でした。そのような中、テンセントが公演の配信ライセンスを高額で買い取り、ライブ配信を実施したのです。

 テンセントの会員であれば、誰でも無料で視聴できたため、当日はなんと2149万人ものユーザーがライブ中継を視聴。ライブ配信中にユーザーから送られたアイテム数は2814万個、金額に換算すると281万元(約4600万円)が送られたことになります(こうしたライブ動画配信サービスでは、視聴者が有料アイテムを配信主に送ることができ、配信主は受け取ったアイテムを換金できます)。

 また、今回のコンサートでは30元(約500円)でVRライブ配信を見ることも可能になっており、当日は約9万人のユーザーがVRで視聴したようです。このVR配信だけでも、単純計算で264万元(約4330万円)もの収益になります。



アイテムの種類、表現はアプリによってさまざま(出典:映客アプリ)

ライブ配信はもはや社会現象。一方で規制の動きも

 6月16日には、上海で「超級紅人節」(直訳:スーパーネット有名人祭)が開催されました。ライブ配信、動画配信、ファッションをテーマに、「最も人気のあるライブ配信MC」、「最も影響力のあるライブ配信MC」、「最もファッショナブルなネット有名人」、「最もビジネス効果のあるネット有名人」のほか、グルメ、メイクアップ、音楽、お笑いなどそれぞれの分野で最も人気、話題のネット有名人が選出されました。

 もちろん、当日の模様は微博でライブ配信されました。まるで、どこかの映画祭をほうふつとさせるような豪華なセットで、参加者も本物の芸能人に負けないほど、華麗な服装でレッドカーペットを歩いていました。

 多くの配信者は個人の趣味や自己表現を目的に楽しんでいますが、配信者の中には配信内容や、容姿、話題性などによって、企業にスカウトされ、ビジネスとして成功する人もいます。影響力の大きい配信者は、利用ユーザーにとって、もはや単なる娯楽としてだけでなく、信頼できる情報源の一つとして求められるようになっています。

 こうした加熱するライブ配信ビジネスの陰でトラブルも増えてきているようで、一部規制の動きも出ているようです。中には、人気とお金欲しさに、露出の多い服装でライブ中継する女性配信者が登場するなど、問題が起こっているのです。急成長を見せたライブ中継市場には、当初細かい規制などがありませんでした。

 しかし今では、女性は「キャミソールとヘソ出はNG」や、スカートとショ-トパンツの丈、配信者の動き、配信内容まで細かく決めているアプリまであります。自動車免許の点数と同じように各配信者に持ち点数を与え、点数がなくなると、永久にライブ配信できなくなるアプリもあります。

 急成長の陰で発生する諸問題に対し、業界全体で規制を敷き、ライブ配信ビジネスが健全なものとして今後どのような発展をとげていけるかが、さらなる成長のカギと言えそうです。


近衛元博

D2C China代表取締役

慶應義塾大学 経済学部卒業。2001年ウェブデザイナーとしてキャリアをスタート。ディーツー コミュニケーションズ(現D2C)入社後、2006年より株式会社電通に出向し、その後5年間、電通のデジタル・ビジネス局にてモバイル領域のプランニング並びにサイト制作を手がけ、多数の大型クライアントのキャンペーン設計に携わる。2011年8月、迪尓希(上海)広告有限公司(D2C China)設立に伴い、同社の総経理(CEO)に就任。中国において、デジタルを活用したキャンペーンを精力的に手掛ける。2016年、中国で最も権威と影響力のある「中国国際広告祭」の「中国広告長城賞- インタラクティブ・クリエイティブアワード」でグランプリを獲得。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]