logo

KDDI、北海道帯広市でIoTを活用した農業効率化の実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月1日、北海道帯広市の飯田農場内で、IoTを活用した農業効率化の実証実験を開始した。実施期間は8月1日~9月30日までの予定。

 同社は、シスコシステムズと中小企業基盤整備機構北海道本部の協力を得て、7月5日より北海道エリアにおいて、中小企業の事業創出を目的としたIoTビジネスパートナーの募集を開始。この取り組みでは、IoT向け通信技術であるLPWA(LoRaWAN)ネットワークを活用したサービスやビジネスアイデア、システムなどを募集し、共同で実証実験ができるIoTビジネスパートナーを募集していた。


設置機器例

 今回、飯田農場と帯広大正農業協同組合、システムデザイン開発、ディーディーエル、長沼商事のビジネスアイデアが選定され、第1号案件として8月1日より飯田農場内でIoTを活用した農業効率化の実証実験を開始する。

 同社によると、北海道の農業は広大な耕作面積で大規模に展開され、多様な農作物が栽培されているという。その中でも、屋外で作物を栽培する露地栽培は、施設栽培に比べて生産コストが安く、畑面積の拡大が容易である一方、天候などの影響を受けやすく、廃棄ロスの多さが課題だった。

 そこで実証実験ではLPWAを活用し、露地栽培にとって重要な外気温や湿度、土中の温度や含水率などを測定しリアルタイムに可視化することで、種まきや出荷に最適な時期の把握、水撒きの最適化を行い、大根などの農作物の効率供給を目指す。また、LPWAを活用することで、通信費用を最小化するとしている。


各社の役割

 KDDIは、LoRaWANのエリア化とネットワークの運用。中小企業基盤整備機構北海道本部は、北海道内の中小企業に対するビジネスマッチンク機会の創出とIoTビジネスに関する情報提供。シスコシステムズはLoRaWANネットワーク構築等技術全般の支援を担当する。飯田農場は、実証実験環境を提供するほか、運用に関するアドバイスをするという。

 また、帯広大正農業協同組合は、組合員である飯田農場の新たな取り組みに対する支援。システムデザイン開発は、データ分析・解析サービスの提供とLoRaWAN搭載センシング機器の設置・運用、現地農家の紹介をする。ディーディーエルは、LoRaWAN搭載センシング機器の開発。長沼商事は、LoRaWAN機器の設定・設置・保守を担当する。

-PR-企画特集