マイクロソフト、iOS版「Word Flow」高速キーボードを終了

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年08月01日 07時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、1年前にAppleのモバイルOS向けにリリースしたキーボードアプリ「Word Flow」の提供を終了した。もともと「Windows Phone」向けに開発されたものだ。

 Microsoftが「片手入力」が可能な「超高速キーボード」と表現していたWord Flowが、AppleのApp Storeから削除された。Microsoftは、代わりに「SwiftKey Keyboard」アプリを使用することを推奨している。

Word Flow
Word Flow
提供:Microsoft

 「Word Flowの実験が完了した。SwiftKey KeyboardをApp Storeからダウンロードすることを推奨する」と、Windows Centralが米国時間7月31日に発見した同社のメモには記されている。

 2008年にリリースされたSwiftKeyは、「iOS」と「Android」のユーザーの間で人気の高いサードパーティーキーボードだ。Microsoftは2016年に、SwiftKeyを買収した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加