logo

パナソニックセンター東京がオリンピックへ向けリニューアル--開催まであと3年

加納恵 (編集部)2017年07月24日 17時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月24日、東京都江東区にある「パナソニックセンター東京」で、東京オリンピック関連の参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」プロジェクトを開始したと発表した。スポーツ、文化、教育をテーマに、2020年まで継続的に展開する。


「いっしょにTOKYOをつくろう」プロジェクトをスタート。左から宮坂麻衣子選手、宮坂莉乙子選手、福澤達哉選手、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会企画財務局企画部アクション&レガシー課長福田陽代氏、パナソニックセンター東京所長浜崎佳子氏、パナソニックブランドコミュニケーション本部スペースクリエイツ部部長の西貝宏伸氏、江東区長の山崎孝明氏、森下友紀選手、福岡堅樹選手、藤田慶和選手

パナソニックセンター東京ではイベントスペース「NEXTコミュニケーション」を新設

 いっしょにTOKYOをつくろうプロジェクトは、東京オリンピック、パラリンピックの開催を3年後に控えた7月24日から開始。パナソニックセンター東京の1階を体験型フロアとしてリニューアルし、イベントスペース「NEXTコミュニケーション」を新設した。

 イベントスペースでは、模型を用いて「2016年リオオリンピック閉会式」や「私立吹田サッカースタジアム」のプロジェクションマッピング事例を紹介するほか、360度カメラやデジタルカメラ「LUMIX」で撮影したVR映像をドーム型のスクリーンで視聴できる「ドームシアタープロジェクション」など、最新技術を使った体験スペースを用意。歴代の聖火トーチやメダルなど、貴重な展示物もそろえる。


「ドームシアタープロジェクション」

歴代の聖火トーチやメダルなど、貴重な展示物もそろえる

足跡は陸上男子100mの世界記録保持者ウサイン・ボルト選手が世界新9秒58を記録したときの歩幅。最高スピード時点では2.75mになるという

 江東区区長の山崎(崎は大の部分が立)孝明氏は「江東区はオリンピック、パラリンピックともに競技が開催されるオリンピックの中心地とも言える場所。オリンピックを成功させ、レガシーとして次世代に残していきたい。パナソニックセンター東京のリニューアルで、新しい勉強、体験の場所を作っていただいた」とコメントした。

 プロジェクトでは、「江東区教育プログラム」「大学生考案クワークショップ」などの教育、国内外の著名クリエーターが講師となる「SportsDesign.Camp」「KIDSプレスセンター」の文化、「オリンピック・パラリンピックの競技体験」のスポーツなど、5つのプログラムを用意する。

 発表会には、バレーボールの福澤達哉選手、ラグビーの福岡堅樹選手、藤田慶和選手、パラ水泳の森下友紀選手、サーフィンの宮坂莉乙子選手、宮坂麻衣子選手が登場。それぞれ2020年にかける意気込みを話したほか、キッズプレスから質問を受けるコーナーも設けられた。


発表会には江東区小学生とキッズプレスセンター参加の福島小中学生も登場した

-PR-企画特集